オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

猫ちゃんが初めて避妊手術を受ける方必読!


スポンサーリンク

必要とよく聞く猫の避妊手術はどう理解すればよいのでしょうか。よく理解せずに放置してしまうのと問題になります。かわいい猫ちゃんののためにも、特に避妊手術後のケアは非常に大事です。

f:id:mikkurakku:20171113114420j:plain

猫の避妊手術にかかる時間!

猫の避妊手術にかかる時間は、総じて、一日・二日あたりです。前の日からの食事制限などがありますので、しばらく安静にしたり、腹部を締める必要があるときは急に動いたりしないように、動物病院で少しの間預かっています。

 

避妊手術、手術時間はどれぐらい?

避妊手術の時間は気になる所ですが、動物病院によって時間も手術内容も異なるため、直接聞いてみるのがよいでしょう。例えば、手術が重なったり、様子を観察する時間を多めに取る事もあります。

そのため、動物病院のスケジュールにもよります。体も小さく人間では避妊手術はしませんので心配ですが、麻酔をかける時間は1−2時間がほとんどですと。

 

入院するの?

手術した動物病院によりますが、健康状態によっては入院が必要かもしれませんが、一般的には1泊程度でしょう。次の日には会えるでしょう。

別段、病気ではないので、避妊手術の時はそれほどの心配は要りません。ただし、猫のストレスもありますので、優しく声をかけてあげると回復も早いでしょう。人間と猫同士、言葉は通じませんが、思いは通じるものです。

 

猫の術後の様子!

術後は、腹部に縫合跡があります。猫の内部生殖器はおへその下に位置していますので、この位置になります。そのあと、動物病院に抜糸に連れていきます。縫った後は、きれいにくっついています。

 

術後の痛みは?

術後の痛みは、猫に聞いてみないとわかりません。最近は人間の手術でも、大幅に切開することを控えていますので、短めにきったりします。

これは、猫自身の体力に対するケアであり、痛みを抑えるためです。必要であれば、痛み止めの処置も病院でしてくれます。

 

避妊手術後のケアの仕方!

避妊手術後のケアは、やはり、動物病院で聞いた注意事項をしっかり守って、術後すぐは、看護が必要になります。自宅で優しくしてあげて、切開の跡を見せてもらったりすると良いです。病院のスタッフからよく聞いてください。

 

術後の生活について!

術後の生活は抜糸をすれば、もうほとんど全快ですが、多少動きにくいということはあるかもしれません。抜糸をしていればもう、傷口は開きませんが、身体をハードに動かすと、傷が疼くこともあるかもしれません。

ですが、猫自身でそれはコントロールできるので、ゆっくりな動きから始めるでしょう。次第になれて、元気になっていきます。

 

術後は普通に生活していいの?

術後は普通の生活が始まります。動物病院から聞いたチェックを適度に行えれば安心でしょう。

猫の生活としては、猫自身がわかっていることなので、放っておいていいです。自分でえさの食べ方の調整もできます。このくらいでいい?など聞いてあげると、猫自身の気持ちもほぐれます。

避妊手術のあとは代謝が落ちて太りやすくなるので、健康で長生きしてもらうためにも、月に1回など、たまに体重計に一緒に乗って、体重測定してあげると猫ちゃんの体調もわかって、スキンシップにもなるでしょう。

 

ご飯はいつも食べていたキャットフード?

ご飯は、いつも食べていたキャットフードでよいですが、量については動物病院で説明を受けるとよいでしょう。手術の回復のために栄養は必要です。もし食欲がない時は、特別な美味しいおやつやトッピングで食べやすくしてあげましょう。

 

まとめ

避妊手術は仕方ないことと割り切る方も多いと思いますが、実際は猫ちゃん自身が長生きしてもらうための手段という意味が大きいです。猫の方としても、そのくらいまでのケアをしてくれる人になら、信頼関係ができますのであれば、猫ちゃんも納得してくれるでしょう。

手術後も今まで以上に猫ちゃんが大事だとしっかり伝えてあげてください。その時は、猫はちゃんと聞いているでしょう。

親の愛情を感じていると、乗り越えられる事は意外と多いのです。もし自分だったらと、感情移入するくらいがちょうどよい、飼い方です。


スポンサーリンク