オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

こういう人を介護職員にしてはいけない!その理由とは?


スポンサーリンク

少子高齢化の中、人材不足に悲鳴を上げる介護業界。人材を補うため、どんな人でも雇わざるを得ず、外国人にも頼らざるを得ない状況です。しかし、高齢者のためにも、このような人を介護職員として雇ってはいけません。どういう人を雇ってはいけないのか、その理由を詳しく解説していきます。

f:id:mikkurakku:20171102073258j:plain

借金ある人

借金を返すために働くのは言うまでもありませんが、返済の期日が迫られると、その介護職員は高齢者の財産を横領する可能性があります。高齢者の財産を守るためにも、借金ある人を雇わないのが最善の方法です。

 

パワハラしやすい人

前の職場でパワハラで辞めさせられたという人は結構います。そういう人は次の職場でも、絶対にパワハラをして、さらに暴力をふるい、高齢者の暴行にもつながります。

それだけにとどまらず、TwitterやFacebookなどのSNSで情報が拡散。今の職場から離れる、老人介護施設の評判がガタ落ち、そして倒産につながる可能性は高いです。

つまり、パワハラを雇った企業は、衰退する道に歩むことになるということです。

 

ストレスがたまりやすい人

ストレスは職場に限らず、家庭環境や住宅環境にも影響します。たまったストレスを解消したいあまり、高齢者に暴行や暴言を行い、繰り返す可能性は大きいです。

ストレスに悩んでいる介護職員はたくさんいますが、上層部は無関心です。相談しても、なにもできないからです。会社や本人のためにも、ストレスがたまりやすい人はお断りしましょう。

 

貧しい家庭環境に育った人

こういう人は余裕がなく、高齢者の介護や介護職員のコミュニケーションより、自分のことしか考えられません。なぜなら、その人は将来に不安を隠せず、ストレスがたまる一方です。

放置しておくと、なにをやらかすかわかりません。言葉は悪いですが、貧乏人は介護に向いてないということです。

 

学歴が低い人も雇ってはいけない

学歴が中卒(高校中退)という人も雇ってはいけません。学歴に対するコンプレックスを抱き、比較されがちです。介護福祉士という介護関連の国家資格を持っていれば、話は別です。

 

このポイントを解消すれば有能過ぎる人材になる可能性がある

貧しい家庭に育って、経済的な理由で高校に入れなかったという人はたくさんおり、次の職場の求人に応募できません。そうなってくると、犯罪に走る可能性は大きいです。

しかし、安心感を与えて、学歴コンプレックスを解消すれば、誰もが羨む有能な人材となるでしょう。

 

学歴コンプレックスの解消方法について

方法はみっつあります。

 

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定):文部科学省

この試験を受けて合格することですが、学歴は変わらないままというデメリットがあります。しかし、この資格を使って、大学に受験することは可能です。看護学校も受験できます。中卒では受けられなかった資格も受けられるようになるというメリットもたくさんあります。

 

・通信制高校を卒業する

通信制高校の入学に年齢制限はありません。

 

・通信制大学を卒業する

日本福祉大学や放送大学など、特修生制度を設けている通信制大学であれば、中卒でも入学できます。学歴コンプレックス解消の中で、一番のおすすめでもあります。

介護業界一本で突き進むなら、日本福祉大学で社会福祉士や精神保健福祉士という国家資格を取った方が効率いいです。どちらかといえば障がい者向けですが、これらの国家資格を持つ人を介護業界は欲しくてたまらないでしょう。

 

結論!介護職員は裕福な人が向いている

結局、介護職員は裕福な人しか向いていないでしょう。介護業界の人材不足が叫ばれ、誰かれ構わず雇っている施設はたくさんいます。しかし、それがかえって自らの首を絞める結果となるでしょう。

裕福な家庭で育った人を雇うとしても、一人もいないのが現状です。しかも、人材育成に日本政府と企業は消極的です。介護業界の人材不足は、永遠に解決されないでしょう。

結局は、貧乏人を雇うなということです。


スポンサーリンク