オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

絶対にダメ!猫に食べさせてはいけないもの!


スポンサーリンク

猫に食べさせてはいけないものとして、専門書にはいろいろ書かれています。ただ、猫にもその年齢による状態と言うものがあり、初老猫や子猫では、やはり体力に不安があります。若い猫が年老いた時、昔の食事は摂れなくなります。猫の一生を見守りください。

f:id:mikkurakku:20171023083147j:plain

猫に与えてはいけない食べ物!

猫に与えていけない食べ物の代表格で、ねぎ・たまねぎ類が挙げられます。有名な話ですが、例えば雑炊や焼き鳥の中に玉ねぎが入っていた場合、非常に危険です。

 

猫に食べさせてはいけないものとは?

人間の薬にも気をつけなくてはいけません。小さな猫ちゃんの体には多すぎる量であることは明らかですが、人では安全な薬も猫ちゃんにはとても危険な薬があります。

そのほか、猫ちゃんが食べてはいけないものは、意外と身近にたくさんあるので注意が必要です。血液に障害を与えるチョコレート、玉ねぎ、ネギ類、腎臓に悪いユリの葉っぱ、肝臓や神経に悪いレバー、アボカド、トマトの葉っぱ、アルコール類、消化管に傷をつける鳥や魚の骨、スルメやイカ、貝類などなどたくさんあります。

食べたかもしれない場合は、すぐに吐かせるなどすれば命に関わることにならずにすむかもしれません。早めに動物病院に相談しましょう。

 

どうしてあげちゃいけないの?

ついつい人がおいしいものは猫ちゃんにもあげたくなる気持ちはわかります。ただ、全く違う動物です。猫ちゃんのような少ないお水だけで飲む量を制限していたら、人であれば倒れてしまうように、健康な状態を作るシステムは全く異なります。そのため、どういった危険が普段の生活に潜んでいるのか、しっかりと考えてあげましょう。

 

猫が食べてしまったときの対処法!

猫が食べてしまったときは、何をたべたか分からない事もあります。すぐ動物病院に相談しましょう。その前に、食べさせないのが一番です。たとえば、赤ちゃんがはいはいしているときに、洋裁の針等を、置きっぱなしにするでしょうか。大変です。床を綺麗に掃除し、片付け、衛生状態に気を配り、そして、毎日清潔を気づかいます。一緒です。

 

猫が食べてしまったらどうすればいい?

猫が食べてしまったらどうすればいい?と心配になりますが、何を食べたのかほんとにわからないときは、そして、悪い症状が出ている時は、検査しなくてはわかりません。

すぐに動物病院に相談しましょう。異物ならレントゲンで分かるものもあります。胃の中を洗浄する必要のある毒も示唆され得ます。なんにせよ素人判断は危険です。

 

危険な量とは?

一なめで命に関わる場合もあれば、お腹いっぱい食べても大丈夫な猫ちゃんもいます。それぞれの物質や猫ちゃんによって全くことなるということでしょう。

 

食べてしまうとどうなるの?

例えばネギを食べてしまった場合、酸素を全身に運ぶ赤血球という細胞が翌日以降壊れてしまい、全身状態が極めて悪くなる(輸血が必要な場合も)と言われています。

すぐに症状は出ませんが、その分発見が遅れて、治療も手遅れになるおそれがあります。想像するだけで怖いですね。

また、アルコールの場合は急性のアルコール中毒で倒れて意識不明になったり、ユリの葉っぱを食べると腎臓が悪くなって老廃物が全身を巡り、嘔吐や下痢などの症状が出ることもあります。

 

まとめ

どのような場合であれ、猫ちゃんにとっては毒物の摂取ですので、1日の遅れが重大な結果を及ぼすことがあります。

普段から危険な物質への配慮をしつつ、何かあってもすぐに動物病院に受診できるよう、事前に確認しておくと便利です。かかりつけの動物病院がおやすみの場合にも、受診できる他の動物病院もリストアップしておくと万が一の時にも安心です。

食べてはいけないものはありますが、下記の動画を参考にしてみてください。


猫に絶対あげてはいけない食べ物【トップ10】


スポンサーリンク