オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

子猫の飼い方とは?どのように育てたらいいの?


スポンサーリンク

子猫の飼い方は、愛情を詰め込めば、それなりの反応が返ってきます。それは、子猫の性格形成を含めた人間の親との関係です。それは、毎日の食事の世話や、スキンシップとして、溢れてきます。子猫の身になって考えると、そしてちょっとした知識があれば、育て方はうまくいきます。

f:id:mikkurakku:20171013102536j:plain

子猫に与える食事の選び方

子猫用のキャットフードが出ています。猫の年齢指定で出ているキャットフードはそれと与えるのは水だけで栄養的には良いようです。

ただ、子猫としても、母乳が飲めない状態では、やはりストレスはかかりますので、哺乳瓶で、もしくは舐められるようになったら、ミルク皿で常温の牛乳を与えてあげるのは、子猫のためになるでしょう。

自然のものにはやはり、ストレスを緩和したり、微量な栄養が含まれていますので、パーフェクトタイプのキャットフードに加えて、自然由来のものがおやつ程度にあると良いです。

ただし、堅い煮干しなどは、骨が柔らかい内臓に危険なことがあるので、気を付けてください。成長するに従い、j分の食事の好みと、食べ方が解ってきますが、子猫自身には知識があまりないので、与えてはいけない食事は良く人間の親が知っている必要があります。

 

子猫を排泄させる方法

子猫のお母さん猫は子のおしりを舐めてあげて、意味を伝えます。これは、子猫のこう門の刺激をとおして、大腸・直腸の蠕動運動を活性させるためです。

なお、親としては、どのくらい子猫の胃袋に入ったか確認していますので、ちょうどいいときに出ないの?という感じで、刺激します。子猫の方としても意味を察して、腸内運動を覚えていきます。

人間の親としても、このくらい、フードと水とミルクが入ればと言う形で、時を見て、濡れたタオルなどで、接触してみると良いです。

そのさい、子猫のこう門が、炎症を起こしそうであれば、オリーブオイルなどで、ウェットティッシュを濡らしてから、接触すると医療的にも優れています。一日一回の排泄は大小ともに確認できれば、親として安心できます。

 

子猫の寝床の作り方

子猫の寝床ですが、人間のようなスプリングベッドまでは必要ないです。子猫にはそれほど重さはないので、多少堅い床でも、薄くても空気を含むふわふわのタオルがあれば充分です。

室内で毛が乾燥した状態であれば、寒くもないので、放っておいて結構ですが、ついたてを段ボール等でもいいので、使っておくと、目線を遮るものがあって安心します。

慣れると自分の部屋だということで、リラックスして寝る事ができます。自分のにおいがするところに、自分のスペースの意識があるので、大きなっても、赤ちゃんの時のにおいがすると、安心しています。

縄張りと言う言葉がありますが、自分のお気に入りの部屋が欲しいのは、人間と同じ意味です。そっとしてあげられる子猫だけの空間も重要です。

 

子猫に最適な室温の管理方法

子猫の最適な室温ですが、毛はだが濡れた状態で、外の気温であれば子猫としても問題ありです。ですが、通常の室内環境であれば、人間と同じ哺乳類ですので、体温が保てるくらいのものでよいでしょう。

ただし、人間と違って、ふかふかで、体温を保持する毛が生えそろっていますので、要は、夏でも冬でも、体毛があるだけで、ダウンのコートを着ている感じです。なので、熱すぎないようにすることがよいです。なお、シャワーの後は、軽く拭いてあげるだけで、自然乾燥しても別に問題はないです。

 

定期的に動物病院で健康診断を受けさせよう

なお、子猫の場合は、予断無き病気に陥らないように、定期的に動物病院でのチェックをしてもらいましょう。何かを食べた場合に戻したり、排泄の状態がへんであったりなど、見過ごす場合もあるかもしれませんので、定期的な健康診断が人間の親としても助かります。子猫から大人猫になると、定期的な健康診断の回数は減らしてかまいません。

やはり、子猫の時に病気をしてしまうと、適応力や、抗体と言う面で、育ちが未発達なので、素人で分からないときは、動物病院の医師やスタッフが助かります。 子猫の健康状態に太鼓判が押されれば、人間の親としても安心ですし、もし、何かあった際、もしくは未然に予防ができることが有効な健康対策です。

 

子猫の飼い方は普通の猫より難しいことを理解する

子猫の扱い方はデリケートにが鉄則です。子猫としても、人間の親にどうアピールしていいかわからない身体の不調があるかもしれませんし、とくに人間とは猫の言いたいことが伝わりません。子猫としてももどかしい思いはするでしょうけれども、人間の親の方としても、何かないか、声掛けをちょくちょくしてあげると、安心します。

猫としても、親猫ではないけれども信頼できる人間の親だとわかれば、精神的にもリラックスし、そして、定期的な世話が、何よりも子猫を安心させます。明日も寝床があり、フード・餌がある環境は、子猫の方からありがとうの意味を込めて、スキンシップも人間の方にしてくれるでしょう。


スポンサーリンク