オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

【衆議院選挙】政党の選び方!投票先に悩んでいる人はこの政党がおすすめ


スポンサーリンク

2017年10月22日(日曜日)は衆院選の投票日です。投票所入場券を持って、投票所に行ったのはいいのですが、どの政党に投票すればいいのかと悩んでいる人は、この政党がおすすめです。ここでは、政党の選び方について、詳しく解説しています。

f:id:mikkurakku:20171012075647p:plain

画像:無料の写真 - Pixabay

各党が掲げている政策に注目

まずはこの画像をご覧ください。

f:id:mikkurakku:20171012181534g:plain

引用:【図解・政治】衆院選2017・主要政党の政策比較(2017年10月):時事ドットコム

焦点となるのは、憲法改正、安全保障関連法、原発、消費税引き上げです。わたし達の生活に関係するのは、原発と消費税引き上げです。

原発は近くに住んでいる人にとって、生活できるかどうかが不安になりますし、消費税引き上げは物価の上昇につながります。

 

原子力発電所

日本は資源に乏しい国なので、原発に頼らざるを得ません。原発に取って変わるエネルギーがあれば、どの国でも、原発を廃止して、そのエネルギーに頼ります。しかし、そんなエネルギーはありません。

あるとして、エコを限定にすると、太陽、風力、水力、波力、地熱など、意外と多いですが、原発のエネルギーとはほど遠いです。アニメに出てくるような無限稼働機関とか、永久機関などがあれば、話は別ですがね。

 

消費税

消費税10%を引き上げると、堂々と訴えているのは、自民党と公明党です。他の野党は、有権者が離れることを恐れているため、消費税については触れていませんし、 反対を掲げています。

現在の消費税の使い道はこちら

www.mof.go.jp

 

海外の消費税と比較すると 

まずはこちらをごらんください。

f:id:mikkurakku:20171012183432g:plain

引用:税の国際比較 | 税の学習コーナー|国税庁

ヨーロッパのほうが消費税は高いです。消費税が高いのは、ヨーロッパの社会保障制度が充実しており、物価は高いが暮らしやすくなっています。

日本とヨーロッパの消費税の仕組みも違いますが、文化も違うので、真似したら成功するとはかぎらないのです。

参考にするのは結構ですが、真似するのはおすすめできないということです。

 

こういう政党がおすすめ

政党の選び方についての本題に入ります。投票するとき、政党を選んで投票しなければならないのですが、こういう政党に投票するのが無難です。

 

現実的な政策を掲げている政党がおすすめ

現実的な政策とは、実現しなければならない政策を意味します。現実的な政策といってもいろいろありますが、地味な政策を何度も実現できているのなら、大きな政策の実現に期待が持てるでしょう。

 

衆院選後のことを考えている政党がおすすめ

自民党と公明党の連立与党政権は、衆院選後のことを考えています。野党の中に、衆院選後のことを考えて政策を訴えている政党はいますが、少数です。国民は衆院選後のことを考えてほしいと思っているので、衆院選後のことを考えている政党に投票することがおすすめです。

 

知名度ではなく実行力のある政党がおすすめ

口で言うのは簡単ですが、行動するのは難しいのは、日本のみならず万国共通です。知名度は所詮知名度なので、実行力があるかどうかが疑問です。だからこそ、実行力の高い政党に投票するのがおすすめです。

 

こういう政党には投票してはいけない

自民党政権の前の民主党政権は短命に終わりました。自民の汚職が原因で、民主党政権が誕生したといっても過言ではなく、同じ失敗を繰り返さないようにしたいのが、自民党と公明党です。

国民が選んだ政権とはいえ、前政権の二の舞にならないようにするためには、慎重に政党を選ぶ必要があります。どのような政党に投票してはいけないのかを解説していきます。

 

 政策が綺麗すぎる

 実現不可能に等しい政策を訴える政党はおすすめできません。前の民主党政権で、それで誕生しましたが、結局は実現不可能でした。政策が綺麗すぎると思ったときは、その政策を訴える政党はおすすめできないということです。

 

選挙に勝つことしか考えてない政治家

選挙に受からなければ議員になれないのは当然ですが、選挙に勝つことしか考えない政党というより、政治家に投票するのはおすすめできません。

こういった政治家は、自分の保身のことしか考えていないからです。民進党から希望の党に鞍替えした民進党議員が、良い例です。

 

左寄りの政党はおすすめできない

日本にとって、左寄り政党や左翼政党に投票すること自体がおすすめできません。中国と韓国などの隣国との関係を深める努力は、大いに評価しますが、中国と韓国については、媚びを売っているようにしか見えません。

日教組や日弁連など、反日に等しい勢力から支持、または支援を受けている政党に、未来はありません。

 

知名度に頼ろうとする政党

能力問わず、候補者の知名度を利用して、選挙に勝とうとする政党はおすすめできません。自民党の小泉進次郎議員のような、知名度がありながら有能な人であれば問題ありませんが、そうではない人がほとんどです。

この方法で選挙に受かろうとする政党は、実力がないと自覚しているという政党でもあります。

 

悩んだら現政権を担当する与党に投票しよう

投票に悩んだら、自民党もしくは公明党に投票したほうが無難でしょう。前の民主党政権で、民主党というより民進党の政権担当能力の無さによって、日本は大分落ちぶれました。

その民進党もまた、事実上崩壊しております。一枚岩になれない野党より、現在の政権を担当する、自民党と公明党の連立与党に投票することをおすすめします。


スポンサーリンク