オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

子猫を飼う前に最低限準備・用意するものとは?


スポンサーリンク

子猫は、緊急時には対策が必要というのは、大人の猫よりも準備が大事ということです。かわいい反面、世話や取り扱いには最新の注意が必要です。子猫の弱さにストレスは禁物ですので、本当の親になったような世話をきちんとした知識と一緒に行いましょう。

f:id:mikkurakku:20171011072503j:plain

子猫はどこで引き取るの?

子猫はどこで引き取ることが出来るか。ペットショップなどでは、かわいい子猫が待っていますが、子猫のみの指定で引き取るとなると、まず選べない可能性もあります。

近所の張り紙にそれがあれば、子猫がたくさん生まれた証しでしょうけれども、たまに、子猫のお父さんやお母さんに会いたいとおもうのは、人間と同じでしょう。

そして、散歩がてらに親戚の猫に会うのも調子が良くなります。ただし、諸センターで子猫を引き取る場合は、遠方のこともありますし、子猫のみに殺到する困難と、子猫ゆえの耐久力の弱さという事での心構えも必要です。

 

子猫を迎える前に用意するもの

子猫を迎えるにあたって、勉強しなくてはならない事があります。その上での準備ですが、新品の猫用品を買うと、やはり出費はかかるでしょう。

猫専用の赤ちゃん哺乳瓶のこともそうですが、その哺乳瓶を洗浄したり消毒すると言った、大人の目線での配慮も必要です。かわいいから子猫を迎えるのではなく、実際、耐久力の弱い子猫ですから、大人の猫よりも世話がたいへんな訳です。

用意するものとして、哺乳瓶や、慣れてくる頃のミルク皿、そして猫の部屋を作るカバーオール等、必要なものはありますが、その世話という事には、愛情と一緒の育てる知識と忍耐力が必要になります。

たとえば、毎日洗浄してあげるミルク哺乳瓶や、細かなマニュアルに関して、徹底できる努力と勉強が必要になります。

特に衛生的な環境としての人間の親の室内環境ですが、常日頃からの生活の衛生基準がなくては、子猫へのかわいそうな対応となってしまいます。

子猫の体力に関しても、病気にならないための人間の生活のきれいさが重要なこととなるからです。

 

子猫の環境対策

子猫と言うのは、生後間もないと、やはり体温の低下の危険性はあります。身体が大きくなるとホルモンバランスが安定することや、熱の保持効果としての筋肉もありますので、耐えきれるかたちになりますが、本来子猫が一匹で居る場合は、分かれてきた親とのショックの話もあることはあります。

ですので、人間が親の代わりをするときには、声掛けを適度に行い、手で撫でてあげたり、その独りぼっちじゃないというストレス緩和としてケアすることが重要です。

実際、愛情の程度によって、その子猫が成長した時の性格形成にも影響がありますので、なつくなつかないより、親としての一方的なまでの愛が初めの頃は必要です。

また、一人で居たいこともあると思われますので、適度なスキンシップを備えた、十分な衛生環境を整えてあげることです。

 

子猫を引き取る前に動物病院がどこにあるかを把握する

子猫は緊急対策時のことが必要になります。もちろん病気をしたときに早急に手を打たなければ、飼っている親の人間としても、禍根が残ります。

そして、引き取る子猫である場合、もとの生育環境の事まで、里親は全部わかりません。そのとき、動物病院のスタッフなら、子猫の内側を含めた精密検査ができますので、引き受けた方としても安心できます。

動物病院の医師は、エキスパートですので、猫に話が出来ない滞りは否めませんが、安心はできます。子猫を引き取るときは、家の近所にどこに動物病院があるかという事や、診療時間は何時代か等、よろしければ、挨拶に事前に行ってみるなど、下調べも重要でしょう。

いつでも来ていいですよ。という先生とスタッフでも、緊急時の事は、未然にはわかりませんので、営業時間とそこまでのルートを確認できるリーフレットやチラシをもらっておくと良いでしょう。

 

ペット保険の加入を検討しよう

ペット保険は、安心の味方です。緊急時の率の多い子猫ですので、急なる出費にとまどう必要のないようにしましょう。

猫は家族の一員なので、まず、人間の方から食費等に出費は出ていきますが、出費の故に子猫の病品費が出せないことになると、飼い主としても悲しい事態です。

保険はあんしんと言いますが、愛する猫に対する常備の対策として、そして引き取る人間の家族としての安全の意味も兼ねると良いです。

ペットへかけるお金と人間の生活としてのお金が共存できる同じ共同体としての意識がある事が、猫を家族の一員とする事のできる条件です。

 

子猫は飼う前から準備すること

子猫は飼う前からの準備が必要です。特に引き取る際は、子猫自身のストレス環境としてのこともありますし、子猫の方からも、人間の親としてどうかな、と判断はするはずですので、顔合わせが必要です。

人間の親として安心させてあげることができるか、子猫自身にも選んでもらう。しかし、その前に自宅の環境が子猫に適しているかどうか、充分に準備が必要です。

それは、飼育器具類をそろえるだけでなく、人間のほうの、家庭環境として、受け入れ態勢が十分かどうかチェックしてください。

 

おまけ:子猫の動画

子猫の動画を掲載いたしますので、メロメロになってみてください。


「猫かわいい」 すごくかわいい子猫 - 最も面白い猫の映画2017 #71


スポンサーリンク