オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

捨て猫を引き取る!引取先と申請方法と準備を知ろう


スポンサーリンク

捨て猫の引き取りに関してはかなり厳しい対応が求められます。譲渡する側としては、引き取ったうえで責任を果たせなく、また戻ってくる可能性もままあるためです。なので、引き受ける愛情・終生飼育の責任はもちろんですが、あたらしい生育環境を準備したうえでの引き取り申請が必要になります。

f:id:mikkurakku:20171010091706j:plain

捨て猫を受け取る資格

捨て猫を受け取る資格はセンターごとに定めていて、それぞれのセンターにて申請方法や、引き受けるときの各センターからのアンケート調査のようなものは必須になるようです。

とくに安易な気持ちで猫を引き受けた場合、さまざまな理由から戻りになることがあり、そのケースでは各センターの方でのクレームに繋がります。各センターも引受先としての仲介業者ではあるので、保護される先の各家庭でのしっかりとした準備が出来ているかが問題になります。

 

保護猫シェルター

第三機関で、こういったシェルターと言う仕組みによって保護された猫たちがいます。こういったところでは、病的な面も調べられることがあり、動物医療チームが併設されていることもあります。

 

保健所

保健所はすべてのケースで、引き受けまでの手続きをしているとは限りません。

一次的に預かっているスペースになりますので、その際は、保健所が委託している預かり先の連絡や、サイトのアドレスが必要になるでしょう。

公共の機関になる保健所ですので、受け渡し会のものが、催しとして開催されることがあります。その際は、公共の役場などで、情報を集めてみるのも良いでしょう。

ただし、保健所経由では、医療的な対応が難しいこともありますので、その経路で受け取りをした猫は、必ず動物病院で一度確認をしてみた方がよいです。

 

動物愛護センター

動物愛護センターと言うものがあります。主義やポリシーとして、動物愛護の意味で運営されていますので、それぞれの手続きも、動物への愛着を持った人が来ていただきたいところです。

それでも、捨て猫の初期の医療に関しては、その猫の引き取りの数の多さもあるでしょうから、診察の精密検査まで行えていないことがほとんどだと思われますので、引き受けるときの動物病院でのチェック欄も必要になります。

また、こちらのセンターでは、会場を設けたうえでの面談を受け付けていることがあります。

 

各自治体

自治体自体が、捨て猫の保護の政策をしている訳ではないのですが、自治体の窓口を通して、捨て猫の受取先を聞いていることはあります。自治体すべてではなく、そういった専門の窓口と職員の居るところに限ってですので、注意は必要です。

保健所からの引き取り依頼であったりしますが、公共の役場の回覧などの閲覧も参考にすると良いでしょう。公共の扱うものですので、受付窓口としては信頼があります。

 

捨て猫を引き取る準備

捨て猫と言うと、かわいそうだから引き取っておこうという思いを抱くかもしれません。ただし、路上で見つかったり、持ち込まれた猫の場合、すでに弱っていることが確認され得ますし、前の居宅での飼育のされ方に疑問が残る事もあります。

子猫でも初老猫の場合でも、痛みを抱えていることは確かです。愛情の準備以外にも、やはり、医療を受けてもらうことが肝要です。

人間には聞こえない猫の叫びも、動物医療を通して解決されることがあるからです。猫を家族に迎える事は、家族の一員な訳ですから、金銭的な問題をクリアしていることも、当然と言えるでしょう。

 

捨て猫を引き取った後で

動物愛護センターと言う、施設がありますが、他には、スペースが足らなくて、詰め込まれた環境にいた猫もいます。なので、保護された一時スペースの猫たちはストレスで参っています。

その上での引き取りなので、ペットショップでスムーズにいきそうなことも、やはり、引き取る方としては、飼いならしに手こずることがあります。その際は、愛情のこもったケアがさらに注意深く必要になります。

ペットショップの猫ちゃんから飼い始めるよりも困難かもしれません。もし、各センターで引き取った際は、元気にしていますなどの、アンケート回答などを送っておくと、そちらの職員も安心するでしょう。

 

まとめ

猫の引き取りの申請方法に関しては、それぞれの各センターに問い合わせたりサイトを確認したりすると解ります。また、各センターの受け取りにはそこの色もありますので、受け取る猫との面談の調整も含めて、申請するとよいでしょう。

猫としても、あたらしい自分の親家族になるわけですから、自分で選びたい気持ちもあります。なので、申請すれば通る引き受けだけではなく、顔合わせと言うサービスがありますので、一日で引き取りが完了することもありますが、時間をかけてということもあります。

それにも増して、ストレスと痛みを抱えた捨て猫ですので、一般並みの猫の生活と健康が与えられるような新しい家族の準備が必要な事は言うまでもありません。

 

おまけ:猫の譲渡会の様子

猫を引き取るときに、譲渡会に参加することがあるかもしれません。そのときの様子はこちら。


【Jean 513】ねこざんまい 譲渡会の流れ はじめて保護猫の里親になりたい方へ

主催する側によって、流れは様々ですが、参考にしておくとよいでしょう。


スポンサーリンク