オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

処女20代の強み


スポンサーリンク

処女20代はなんの問題もない。男性から見た適齢期としてのアピールポイントの一つ。有効に利用する事でのアタックと、その後の出産期を控えた、夫婦としても最適な期間です。

f:id:mikkurakku:20170930164838j:plain

処女対策に遅くはない

処女20代の焦りと言うのは、まだ普通なのかもしれません。かえって10代の問題の時の方が、社会的な不安定さもあります。20代としての身体の元気さのままという訳になるかとは思いますが、まだまだ十分に健康です。男性の方からしても、20代としての付き合い方ができるので、等身大としてのカップルとして最適な雰囲気はあります。

 

処女20代であることを強みに

処女のまま20代であることは、ある意味宝です。それを強みにアタックをかけることは、男性の方からも、適合とみられる節はあります。男性にとっても、結婚を意識すれば、相手が埋めるかどうかは結構大きな関心の元です。身体が健康であることは、女性から見ても大きい問題ですが、男から見ても埋めるかどうかを判断し、その身体を心配して気遣う面で捉えれば、やはり適合の年齢です。そして、男性からすれば、何人産めるかというのは、意識するものです。結婚の勢いとしては、その対象の女性の20代です。

 

処女の20代を終わらすのは幸せの出産

処女の20代から、出産期に入る。配偶者が見つかるというのはとても幸せなことだとおもいます。10代では、まだ生計能力や家政力として乏しいことがあるケースも多々ですので、20代の社会経験のある女性は男性から見ても、早いという点では申し分ないのです。大人である女性が人生経験の初期の内に船出ができるというのは、男性から見てもその船に乗ってみたくなる気がするものです。

 

まとめ

処女であることを悩むというのは、男性の童貞を悩むという意味とは少し違います。男性の童貞はある種の劣等感に対する意識が露呈しますが、女性の場合はもっとひそやかです。そして、人間がどうぶつのひとつである以上、避けられないバージンとジェヌインの問題でもあります。

処女の20代からすれば、男性はやはり自分の子供を産めるかどうか、にわかに判断する年齢です。あえて20代後半でも、昨今の晩婚時代を経ているときからすれば、男性からは適齢期です。男性の頭の中では、すでに何人ぐらい子供ができるかという計算がすでにあるものです。清純なカップルとして、そして夫婦としての生活設計として処女の20代はうるわしいときです。アピールするときには、社会経験の同士としての付き合い方がいいでしょう。


スポンサーリンク