オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

電気代を節約しよう!頭を使えば楽しめる!


スポンサーリンク

電気代の節約は、楽しみながらやる、短期で見るより長期で考えた方がクオリティの上がった生活ができる。その醍醐味のなかでも、もったいない感覚が大事なことは一緒です。頭を使った節約とは。

f:id:mikkurakku:20170916084522j:plain

電気代の仕組み

電気代の仕組みは、電気を使った量で計算されて請求されています。それプラスの基本料金があったりもするのですが、電力事業者によりさまざま違う事があるようです。

その電気代に含まれる電気の量は時間数でかけられています。また短めの秒や分単位での計算の仕組みもあります。それがメーターの集計になります。

 

家電製品によってわかれる電気の量の違い

家電によって、ワット数による表記のちがいがあります。ワットかけるその時間数で、計算されるため、一概には電気のそれぞれの一か月の量については言いにくいことがあるのですが、ワットでは、電熱器系がトップレベルで高いです。例えば、ドライヤー、冬用のヒーター。こたつなど。個別で見ると、冬の家電の方がワット当たりでは高くなります。

これを節約するには、ドライヤーの温度調整や、ホットカーペットの温度調整などでワットを抑え、時間当たりの節約の為にこまめな電源オフを心がけることです。

 

節約するのは家電を無理に使わない事

節約する基本的なことは無駄な電気を使わない意識。そのことにかかっています。例えば、電球をLEDにするのは、確かに初期投資はかかりますが、年間当たりでみればお得ということです。なので、どうしても使わなければいけないものを節電対応のものにチェンジすることです。古い冷蔵庫を新型にする。電気代で数年経過後の総電気量で計算すると、元が取れる。という訳です。それは最初の初期投資を回収できて割に合う、電気代の節約の仕方です。新型製品を選ぶのは旧型とどう違うか、店員さんなどに聞いてみましょう。

 

まとめ

電気代を節約するにも、まったくダメというやり方では生活の質、QOLが下がってしまいます。たのしく、室内ライフを過ごすために、節約を節電と言う形で取ると、安心です。つまり、高いワット数を最新の低いワット数にすれば、それは、ハートフルで楽しい生活がアレンジできるわけです。そして最新のものであれば、デザイン的にもフィーリングがいいのです。

電気代を楽しく節約するというのはある種の知恵と知識が必要です。その中でも、節約して生きていくという、やりくりの仕方は市民レベルにおいて、重要なことです。それを考えて生きることを新しいタイプのクオリティオブライフと言うことできます。


スポンサーリンク