オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

格安スマホの節約法


スポンサーリンク

格安スマホの節約術とは。以外に損をしている事実に反し、あまり、大手の携帯会社と変わらなかったり。サービスと質で選ぶ以外の選択肢もある、節約の全体論。損をしない生き方は業者会社を選ぶ時代。

f:id:mikkurakku:20170914080750p:plain

格安と言えども

格安スマホで家計の節約。さまざまな考え方が出来ます。まず、実際的にインターネット回線全額で見る場合。そして、シングル単身利用の場合。家族での共同利用としての複数回線のケース。なので、一概に安くなるという基準概念でサービスを購入してしまうと、3キャリア回線とほぼ変わらないということも起きそうです。

 

3種類の使い方を分けて考えると

格安スマホの節約法をまず、インターネット回線全般で分けると、こうなります。説明を掘り下げると、格安スマホのSIMカードには販売方法の種類が多くあるということ。それと、格安スマホのSIMカードには回線の通信方式と、通信・通話の両方のやり方があるということ。なので、家での回線使用法のひとつに通信のデータ送受信のやり方に、自宅のWi-Fiシステムを使うかどうかがまたメリットとデメリットを分ける点となります。その次のシングル単身りようでは、種類を分けた、利用法に通話の単価を下げる事、そして通信データの容量を契約においても使用法においても下げることです。
もう一つの家族の複数回線の利用法ですが、おなじ通信端末を使うのではなく、他のサードパーティSIMカード及び端末を別件で利用するやり方。これは、小さなおこさんに、ハイスペックは要らないだろうという意味合いからです。

 

節約するには頭がいる

先ほどのテキストに書いた通り、大まかに三通りある格安スマホの使い方ですが、実際は、機種代金の問題もあります。中古のものを自ら使っていた時の代用にするなどありますし、そのほか、大手3キャリアの通信方式の違いや、機種自体がどの生産体形から産まれたものかという判断力も必要になります。節約するには、回線のはなしだけではなく、はじめからおわりまでの総額で計算すべきです。

 

どの格安スマホがおすすめ?

格安スマホを使いたいけどLINEを使いたいという人はLINEモバイルがおすすめ!キャリアと違って、MVNO(格安スマホを扱う事業者)は年齢認証できませんが、LINEモバイルであれば年齢認証できます。ドコモ回線を利用した格安スマホです。プランのひとつに、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題のコミュニケーションフリープランがあります。

2)コミュニケーションフリープラン
カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
 
  容量    データ通信   データ通信+SMS   データ通信+音声 
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月
引用:LINEモバイル プラン・価格表

キャリアより安く、LINEの年齢認証が可能な格安スマホはLINEモバイルがおすすめです!

登録を検討している人はこちらからおすすみください。

 

まとめ

通信方式を代表してきた大手通信3キャリアとは別に格安スマホというブランドが出来上がりつつあります。その格安スマホの中でもいわゆるランクがあります。要するに価格かつながりやすさか。と言った点で、サービスの優劣と主りゅいの違いがあります。一般に市民利用者がそれを判断、選択するにはさまざまなケースの故に一概にどれがいいとは言いにくいものがありますし、個別に判断することです。
ただ、今自分が使っているサービスが適当かどうかということと、その支払金額を節約するにはと考えることは市民消費者にとっても義務の一環である場合があります。口コミや、宣伝広告では分かりにくいことはありますので、いつでも変更できることが一つの消費者にとっての価値であると思います。

 


スポンサーリンク