オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

プロパンガスと都市ガスの違いについて


スポンサーリンク

プロパンガスと都市ガス、一般にはわかりにくメリットデメリット。その違いをその価格や種類の質ではない説明にこだわりました。実際生活していくにあたっては絶対必要なエネルギー。そして、その中の都市ガスとプロパンガスのジャンルに良い利用法を説明します。f:id:mikkurakku:20170910082029j:plain

プロパンガスが都市ガスよりもいい理由

実際、都市ガスよりプロパンガスの方が高くつくと言われる理由があります。いわゆるデメリットです。月額が高くなる、もしくは業者の設置費用。そして、もうひとつ、ガスの使用時間量です。これらによって、地方の都市ガス管が引かれていないところでは、料金的に都市部とは大きく変わるでしょう。ですが、なぜ、全国一律全部都市ガス、要するに都市ガス管が引かれてないかというのには理由があります。

まず、都市部では多くの顧客を抱えることでガスの販売量でコストを賄っているという業者の事情です。それは、ガスを売っているというだけでなく、ガス管を家屋内に引いていくときのインフラコストを賄うほどです。プロパンの場合は個別にプロパンをトラックで家屋に運び、メーターの計算で集計して月額を納めます。人件費による維持料が関わっているわけです。

 

プロパンガスがメインになる理由

逆に山間部や、集合住宅の望めないところでは、プロパンの方が重宝します。そして、それ以外にガス系のエネルギーは供給されるところをしりません。そして、飲食店などの業者関連では、業者取引によるプロパンガスの有利性というもがあるでしょう。なので、プロパンガスに利点があるとすれば、業者取引関連か、一人で集合密集地から離れて暮らすという仕組みの中においての事です。

 

都市ガスがプロパンガスより良い理由

大まかに言って、都市ガスの来ているところでわざわざプロパンガスにチェンジする人はいないかと思います。とくに賃貸系であったり、集合住宅では設置場所に問題があり、わざわざ、面倒くさいことをしないからです。そして、プロパンガスのメーター集計にも業者さんが来ますので、その辺の家屋周辺の設置場所のことを考えると、プライバシーを気にしすぎる人にはちょっと不得手でしょう。

そして、昨今の都市ガスはクリーンな状態で供給される品質と言うものがありますので、たとえば、調理に便利という事があります。プロパンガスと都市ガスの違いは、発火温度の違いであったり、空気中の中でのガスの重さであったりします。なので、都市ガスコンロとプロパンガスコンロでは微妙にクッキングにおける使い勝手が違うのです。都市ガスで慣れていた人は都市ガスの調理における相性に慣れているでしょう。

 

都市ガスの安全面の優位性

都市ガスは、ガス管が埋設されているため、安全上の利点があります。プロパンガスは大きなボンベを室外に設置するために防犯上の意識も必要になり、そして、安全面での意識も加えて重要になります。都市ガスの集合住宅では、一般的に住人は気にする必要はないので、気が楽です。

 

都市ガスとプロパンガスにおける優劣それぞれ

結局、都市ガスが安くて、プロパンガスが使い勝手と費用の面で負担があるというのは一般論です。たとえば、プロパンガスにおける家屋内の使用量をガスコンロのミニするという方法が挙げられます。また、コンロ周辺に別にIHヒーターを単品で設置するなどして、調理方法に工夫をすれば、プロパンガスを多用して料金がかさむ必要もなくなります。また、電気温水器などを設置すれば、ガスの使用量を大幅に減らし、家計にやさしい家屋設計になるのです。エネルギー費用を家屋内で見ても、そのエネルギー単価、要するに、月額のコストを削減する目的で、エネルギーの補助関連の施策を取れば、プロパンガスでも家計に最適な生活設計をすることができます。業者取引以外にも生活設計を組めることのできる地方都市暮らしをすれば、優劣は実際、都市ガスとプロパンガスには付けにくいものがあるのです。

 

エネルギー業者を選ぶ

電力の小売り自由化として、今後の日本では、一般家屋であってもみずからどのエネルギーを使って、賄っていくのかと議論が繰り広げられるでしょう。日本のエネルギー関連の需要と供給に関しては大手が扱いますが、一般利用者はそれを選択する知識と、省エネルギーに対する意識が必要となってきます。昨今流行っているソーラー発電もその一環ですが、家屋内をすべて電力化するというキャッチフレーズはずいぶん前から出ています。

エネルギー産業の燃料の費用の事はおいておいても、家屋で使用するエネルギーにどれが最適か、それは業者を選ぶところから始まります。専門的な知識を必要とすることですが、プロパンガスの使用においても、利用者の節約と言う計算の上で、選択されることがあるのです。

都市ガスが引かれているところでは、都市ガス以外にそれはないと思いますが、家電系でのIHに交換したりなどすると、都市ガスの契約を打ち切る等、手続きは必要になります。ですが、ガスの火であたためた食事など、捨てがたい文化としてのエネルギーの意味もあるのです。

 

まとめ

地方のプロパンガスと、都市の都市ガス。また都市の中での飲食店の利用としてのプロパンガス等、専門的な取引の話なので、一般市民のエネルギーの選択としては難しいかもしれませんが、家計に優しいということをもう一度勘案してみるとライフスタイルとしての提案も受けやすいでしょう。

 

プロパンガス料金のことならこちら!!


スポンサーリンク