オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

地方都市での節約に関わるプロパンガスとガス代について


スポンサーリンク

地方都市で安く暮らしたい。だけれど、意外とプロパンガスは高く、ガス代もさほど変わらないなど、日本国内はあまり変わらないのか。しかし、地方都市には地方都市ならではの節約術があるのです。それは、マニュアルと言うよりコミュニケーション術から。

f:id:mikkurakku:20170910075941j:plain

プロパンガスの節約

地方都市で、電気水道光熱費のインフラ系利用費を計算してみると、都市よりデメリットが多く感じるかもしれません。都市の場合、都市ガスは普通ですし、水道に関しても下水とともに整備されているのはあたりまえの日本です。プロパンガスの使用量も顕著な違いを見せます。

都市ではほぼ、室内の家電やエネルギーを利用する機器は電気を利用しています。ですが、地方都市では今でも、電気で賄えてないものがあります。電気温水器やクッキングコンロ回りがそれです。

要するに、家の炊事のお湯や、お風呂のお湯、そしてコンロ等に、プロパンガスを利用していることがあります。電気だけで賄えていた、都市の温水器や給湯関連、また都市ガスで連結されていた、クッキング及びキッチン関連のエネルギー費用が一気にプロパンガスの利用量に回ります。このプロパンガスの利用量を、必要家電で電気用に回すなどすることが、プロパンガス費用の節約に繋がります。

 

ガス代の節約

ガス代は都市とはほぼ変わらないでしょうけれども、もし、都市の新築などに住んでいた方は、もともとLED照明の利用をしていたために、地方都市では明かり用の電気代がかさむ恐れがあります。初期購入費用はかかるかもしれませんが、明かり費用を抑えるために、オールLED照明に切り替えると、電気代の一部が節約できます。

そして、ガス代ですが、最新の省エネタイプのキッチン周りにチェンジするなどして、電気代のコストを抑えることが出来ます。この場合の、キッチン周りの電器化についても、初期設置費用が掛かりますが、多く利用すればするほど、プロパンガス業者の高料金にあずかる可能性もあるので、月々を抑えたければ、業者に頼んだ方が良いでしょう。お風呂周りの給湯関係のことも、然りです。

 

エネルギー費用を地方暮らしで見直す

家屋内のエネルギー費用に注目すると、明らかに都市部よりも面倒な手続きが増えるかもしれません。とくに電気だけで賄えていた都市部の電気機器類が、他の業者に依って支払いが分かれる可能性があるからです。そして、その業者の選定など、地方都市居住者は自分でその選択を決める判断が必要になります。一番いいのは、近隣の住民がどのエネルギー関連業者を利用しているか、聞いてみることです。その中で、いくつかの業者を下調べし、見積もったうえで、契約を取っていくなどすると、月々の光熱費の基礎料金を抑えられます。都市では一本化されていたスムーズな光熱費の業者取引が、複数の業者を選ぶという地方都市としての地域との連携をうみだします。

 

意外と増える地方都市での手続き

地方都市で安く暮らそうと思ったのに、意外と月々の費用がかかる。そのような意見のあるケースは多いでしょう。それは、生活するうえで同じ日本の中であれば、必要なエネルギー家屋使用量は一緒だという事です。ところが、都市では都市で一括とされていた大手業者の扱いではなく、地方の中でもさらに業者の分かれる契約に入る。このような状況で都市より不便だとお思いになる方もおられるかもしれません。

基本的に都市部と違い、地方都市は業者と連絡しあうことが増えます。それは地方都市ならではのコミュニケーションの増えるというあり方です。都市で一般の中の一人としてサービスを受けることに慣れていた人たちは、この手続きの面倒加減に面喰う事もあるでしょう。しかしそれは、地方の地域に溶け込む場として、馴染んでいく意味合いもあるのです。

 

円滑な業者との連絡で節約する地方暮らし

地方都市での光熱費や、プロパンガス費用を抑えるという生活をするには、地方ならではのコミュニケーションを近隣住民や業者と取ることにより、いい知恵を頂くケースが実は多いのです。 その上での業者の選定をすると、どの業者に信頼が集まっているか事前に検討がつきます。

 

地方の不便さを越えて

都市部の人が特に思うかもしれない事態ですが、その地方都市の業者関連のサイトを見ても、サービスの説明や、サービス料金の説明の簡略化という点において、心もとない印象を持つケースがあるでしょう。しかし、ここは業者さんとの会話を通じて、その最も合うサービスを電話や面談でうかがってみるという人間関係のスキルの見られる場なのです。都市に暮らすよりも地方都市に暮らす方が、コミュニケーションスキルを要求されます。それを不便さと思うのか、むしろ楽しみながら、地方都市での連絡網を築いていくのかは、また、地方に暮らす中でのエネルギー費の節約に繋がるのです。

業者の選定という事に関しても、近隣の人に聞いてみる等、都市の中での人間関係以上に突っ込んだ生活環境の情報は、調べるのに難しかったりします。その上で、地方での節約暮らしには、本腰を入れた地方地域に溶け込むという生き甲斐が必要になるのです。

 

まとめ

前述は業者の選定を含めた上での節約術を網羅しましたが、地方の電器店やホームセンターで光熱費に関する省エネ対応製品を選ぶことで、知恵を使う方法も可能です。自前で節約できる場合もあるでしょう。そしてまた、地方都市におけるショップの選択にも、地域住民との密接な口コミを屋外で聞く必要があるのです。

 

プロパンガス料金のことならこちら!!

 


スポンサーリンク