オールセヴィング

ポケモンやドラゴンボールなどアニメの感想!主に童貞と処女の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!最近、イベント開催前に関する情報の記事も書いています。


スポンサーリンク

一生童貞でも


スポンサーリンク

一生童貞で何が悪い。だれも悪いとは言わない境遇に立てば、自信を持って女をバカに出来る。意外と多い真実に、はまる趣味に生きる。女を相対的価値でみれば、結構低レベルな存在ではあります。

f:id:mikkurakku:20170908085414j:plain

一生ものの宝

一生童貞かもしれない。そして、それはカップルでもあるでしょう。ご老齢の方にも実感があるかもしれません。結婚は無理そう。もう。となるのか、果たして、男の自信回復を別の所へ向けるのか。人の家の芝生は青いと言います。あちらさんも、そうかもしれない。

男の宝は、ある意味、ひとつじゃないかもしれません。たとえば、研究職。世に打ち出したセンセーショナルな実験結果。ともすれば、教育に尽力を尽くす免許者など。あまり、そういう風にのめり込むと、女より仕事という事で、ノーベル賞や、お坊さんになるかもしれません。

一生の宝を脱童貞ではなく、一生の仕事にするケースもあります。

 

代替案を練る

人間は一つの快楽を得られなかったら、フラストレーションが溜まると言われています。そこの提案に、カネとかではなく、一生ものの一つのプラン立てとかいかがでしょうか。女じゃないこの世界は。と言い放っていやるのです。

女以上に楽しい遊びを知ってる人は強い。そう思いましょう。

そして、これが、俺の神髄だというものを、何か見つけると、相対的に童貞の事は気にならなくなります。

 

ただの道具に過ぎない。

極めすぎると、女とか金といった遊び道具より、費やせる何かがあったりします。子育てもその一環です。事業までの規模はないけど、ひとつ毎日やってみよう等のシリーズを自分で作るなど。

人は評価しないけど、自分は評価できるなにか。そういったものを趣味と呼ぶのではないでしょうか。
実際女性問題になると、趣味を削るか、女の為に時間を割くかで男は割れるものです。

面倒くさい悔恨に沈むより、没頭する何か。女のくだらなさより、打ち込める何か。付いているなら成功するし、まあついてるなら一つの道具だと、仕事に打ち込むのも良いと思います。

 

まとめ

一生童貞というと、おぞましい感じがするでしょうか。しかし、実際ちゃんとした宗教学では童貞は勧められています。下手に女にかじり、人生を失敗するケースはいくらでもるのです。そして、女に触れないで愛するという世界もあります。イメージだけではなく、精神世界を具現化する世界だってあります。

さびしい思いを後ろにかなぐり捨て、一歩前へ。女は宗教学ではいつも下火なのです。

失敗の要因を排して、人生につぎ込むのは男の象徴だけでは、ありません。仕事の師弟関係に生きる人もそうですし、研究が講じて料理を教えだす方たちだっているのです。

求めすぎるよりも、いまある中での快楽を追い求めるのもそうでしょう。


スポンサーリンク